真言宗豊山派 東京二十三区、豊かな伝統を守る圓勝院墓苑
近年の核家族化・少子化に伴い、各家々で墓を建立し、これを代々保持していくことは困難になっているお方が少しずつ増えています。また、墓地のありようそのものも問われている現在、圓勝院では壇信徒の要望もあり、平成17年、永代供養墓「蓮華」を建立致しました。
「蓮華」は泥の中に生えていながら、その泥に染まらず、清らかで美しい花を開くことから、広く仏教の象徴となってきました。蓮池の清涼さとその水面に咲く蓮華の様子は仏さまの浄土を表し、理屈を超えたおおいなる慈悲を表しています。
俗世では他人であっても、圓勝院の法を縁に家族となり、皆等しく仏のもとで永遠なる安らかな眠りについていただきたく、また遺族・親族の方にも安心いただけるよう、これを建立致しました。
当、供養墓に納骨を希望される方は、まずはご遠慮なくお問い合せ下さいますようお願いいたします。また、詳しくは(株)川辺ご相談窓口【0120-27-4114】にお尋ね下さいませ。
 
 
   
当サイトのご利用に際してプライバシーポリシー(株)川辺ホームページ